「スマイル」代表 山﨑絵津子の自己紹介
「輝く笑顔をサポートします」
 
父の不貞と一家離散―――。
小学生の私は、月末になると、女性のもとに走った父に宛てて「おとうさん、せいかつひをおくってください」と手紙を書きました。母が病に倒れ、中学生時代はたったひとりで生活していました。
そんな生い立ちの影響か、幸せな結婚をしたはずなのに何故か夫を信じきることができず、「いつか他の女性に夫を奪われるに違いない」「男なんて一歩家を出たら何をするかわかったものではない」と悩んでいました。
「僕を信じろ」「この被害妄想女!」と何度夫から叱られてもどうにもなりません。母の介護に加え、自分自身にも原因不明の体調不良が発症して、身体的にも精神的にもボロボロ。まさに八歩塞がりの状態でした。
「なんとかして自分を変えたい。幸せになりたい」。そう夫に頼み、藁をもつかむ思いでカウンセリングを学び始めました。その結果、10年以上にも及ぶうつ状態、抗うつ剤や心療内科通いともきっぱりサヨナラ。自分が大嫌いな私だったのに、今は「私ってなんて素敵なんだろう」と自信を持てるように。 私が変われば家庭が変わる―――。

「ママは素敵な女性だね」と夫から言ってもらえるようにもなり、ようやく真の幸せをかみ締めることができました。今でもたまに夫婦喧嘩をしながら仲良くしています。

その頃、書店でたまたま手に取ったのが『新・良妻賢母のすすめ―愛としあわせを約束する26章』(ヘレン・アンデリン著)。感銘を受けた私は、努力の末、日本で第1号の認定講師となりました。
本書では、社会を構成する基本単位を家庭ととらえ「家庭が平和になれば地域が平和になり、地域が平和になれば日本全体が平和になる」の基本精神を提唱しています。それは著者のヘレン・アンデリンのメッセージであり、それをお伝えすることが私のライフワークです。
家族のなかでひとり、まずあなたが幸せを感じることが、家庭内の豊かな人間関係を築きます。それはいつしか地域の、社会全体の輝く笑顔につながっていくと信じます。 あなたがあなたらしい輝きを取り戻すお手伝いをさせてください。

● プロフィール  
心理カウンセラー/パーソナルメンタルトレーナー
『新・良妻賢母のすすめ―愛としあわせを約束する26章』日本事務局第1号認定講師 神奈川県立かながわ女性センター主催 江ノ島塾修了・講師 1956年生 群馬県 出身 神奈川県秦野市 在住 家族は夫と一男一女
 
※ページの外部分または上部のcloseをクリックするとこのページが閉じます。